初場所で引退した力士が11人となったようだ

 

若者頭や世話人などになる力士もいるだろう

 

部屋のちゃんこで磨いた腕で、飲食店を興す力士もいよう

ちゃんこ番には、そういう意味もあるらしい

 

 元幕内の2人は、親方として第2の相撲道に進むようだ

が、どうも親方株が借株のようである

これは協会として禁止にしたのではなかった?

 

借株禁止は、力士に取ってあまりに厳しい措置ではある

この制度が、相撲の指導面での衰退を引き起こす可能性もあるのではないだろうか?

 

横綱・大関・役力士だけが、良い親方であるとは限らない

実際の指導力を協会で吟味してみてどうだろうか?